排泄の基礎知識(排便編②):排便のメカニズム ~走行距離9m、30~120時間の長い旅路~

24

口から入った食べ物は内臓で消化・吸収され、残りカスが便として肛門から排出されます。入ってから出るまでの距離は約9m、時間にして約30時間~120時間です。排便の旅は長い道のりです。それでは、その旅路を辿ってみましょう。

●排泄の基礎知識(排便編①):意外と知らない「理想的な排便」とは?
●排泄の基礎知識(排便編②):排便のメカニズム ~走行距離9m、30~120時間の長い旅路~
●排泄の基礎知識(排便編③):スムーズな排便のために
●排泄の基礎知識(排便編④):排便障害のタイプと対策

さまざまな消化器を通じて排便される

食べた物はさまざまな消化器を通って排便されますが、そのひとつひとつに役割があります。排便のメカニズムを知っておくことは、介護をする上でも役に立つことがたくさんあります。

口から食道まで(通過時間:液体約1~6秒 固形物30~60秒)

食物を咀嚼し、飲み込みやすい状態にする。唾液と混じることで糖質を消化・分解する。

  • 食道

咀嚼された食物は食道を通って胃へ。食べてから胃まで、液体は1~6秒、固形物は30~60秒で到達する。

食道

胃(滞在時間:約4時間)

胃液で、タンパク質・脂質を消化・吸収する。胃の中で約4時間、かゆ状になった食物は腸へ送られる。

胃

小腸(十二指腸・空腸・回腸)(滞在時間:7~9時間)

  • 十二指腸

胆汁や膵液で、糖質・タンパク質・脂質などを消化・分解する。胆汁と混じることで黄色い便の色となる。

  • 空腸・回腸

腸液で、糖質やタンパク質、水分などを消化・吸収する。7~9時間かけて、小腸(十二指腸・空腸・回腸)を通過する。

空腸・回腸

大腸(結腸・直腸)(滞在時間:25~30時間)

  • 結腸

ぜん動運動・分節運動・振り子運動で送られてきた内容物の1/4程度まで、さらに水分を吸収する(水分吸収がうまくいかないと下痢になる)。栄養分のなくなった食物のカスは、古くなった腸の粘膜や腸内細菌の残骸と混ざり、便になる。

  • 直腸

腸の最後部である直腸内の内圧が高まり、排便反射が起きる。トイレ以外の場所では脳から「出すな」の指令が出る。腹圧がかからず、肛門括約筋が締まり排便されない。

結腸

肛門を経て排便

トイレに行って排便できる状態になると、脳から「出せ」の指令が出る。腹圧がかかり、肛門括約筋が緩む。肛門を通って排便される。

直腸

スムーズな排便のためのポイント

食べてから排便まで、通常1日半から3日程度かかります。スムーズな排便のためには、腸壁を刺激する適度な量と、適度な水分による柔らかさが必要です。食事内容や量、水分摂取に十分留意しましょう。

●排泄の基礎知識(排便編①):意外と知らない「理想的な排便」とは?
●排泄の基礎知識(排便編②):排便のメカニズム ~走行距離9m、30~120時間の長い旅路~
●排泄の基礎知識(排便編③):スムーズな排便のために
●排泄の基礎知識(排便編④):排便障害のタイプと対策

まとめ

食べた物が便として排出されるまでに、距離にして約9m、時間にして約30~120時間と言われています。「口→食道→胃→十二指腸→空腸→回腸→結腸→直腸→肛門」という流れで排便されます。食事内容や水分摂取に留意し、スムーズな排便を促しましょう。

関連記事
「おむつフィッター」って何をする人?
知っていると対処できる!おむつモレの4つの原因
おむつ選びナビ①身体機能に合わせた排泄アウター選び3つのポイント