排泄の基礎知識(排尿編③):知っておきたい「男女の違い」

dannjo2

排尿のメカニズムに関連する腎臓、尿管、膀胱、尿道を「泌尿器」といいます。泌尿器には男女で違いがあります。この違いを理解しておくことが、排尿トラブルを考える上で重要になります。

●排泄の基礎知識(排尿編①):数字で見る排尿の基本
●排泄の基礎知識(排尿編②):排尿のメカニズム~入口から出口まで~
●排泄の基礎知識(排尿編③):知っておきたい「男女の違い」
●排泄の基礎知識(排尿編④):排尿障害のタイプと対策
●排泄の基礎知識(排尿編⑤):トラブル予防の体操・訓練 [骨盤底筋群体操]
●排泄の基礎知識(排尿編⑥):トラブル予防の体操・訓練 [膀胱訓練]

「排尿トラブルは男女で違う」ということを知っておく

排尿のトラブルは、男女同じだと思っている方も多いのではないでしょうか?泌尿器のことを理解すれば、男女で排尿トラブルが違うことを構造的に理解することができます。ぜひこの機会に排尿トラブルの男女の違いを理解し、より良い介護ライフに生かしましょう。

男性のしくみについて

男性の泌尿器は、尿道が長くS字で、周囲の組織で固定されているため、もともと尿が出にくい構造になっています。加齢による前立腺肥大も多く、排尿のトラブルとしては、「尿が出にくい」傾向にあります。主な特徴をピックアップしてみましょう。

男性の泌尿器

①身体的な特徴

  • 尿道が約14~27㎝と女性より長い。
  • 尿道がS字に折れ曲がっている。
  • 尿道は前立腺の中を通る。

 

②加齢によるトラブル

  • 尿の通りが悪くなる。
  • 排尿時間が30秒以上かかる。
  • 残尿がある。切れが悪い。(溢流性尿失禁)
  • ぽたぽた落ちる。

 

③前立腺肥大によるトラブル

前立腺は膀胱のすぐ下に位置する男性特有の臓器です。加齢とともに、前立腺が大きく膨らむ「前立腺肥大症」を引き起こす場合があり、50歳以上の男性の3~4人に1人は前立腺が肥大していると言われています。肥大した前立腺が尿道を圧迫して排尿障害につながるケースも多く、症状は排尿困難や残尿感、溢流性尿失禁、頻尿など、人によってさまざまです。

前立腺

女性のしくみについて

女性の泌尿器は、尿道が短く、尿道を支える筋肉も弱いため、尿が出やすい構造になっています。筋力低下や女性ホルモンの影響もあり、加齢による排尿のトラブルとしては「尿がモレやすい」傾向にあります。

女性の泌尿器

①身体的な特徴

  • 尿道が約3~4㎝と男性より短い。
  • 尿道がまっすぐ下に向かっている。
  • 子宮・膣で膀胱が圧迫されやすい。
  • 骨盤底筋群が緩みやすい。

 

②加齢によるトラブル

  • トイレの回数が多い。
  • お腹に力が入るとモレてしまう。(腹圧性尿失禁)
  • トイレまで我慢できずにモレてしまう。(切迫性尿失禁)

 

③筋力低下によるトラブル

膀胱・膣・子宮・直腸などを支えるほか、尿道や膣・肛門を締める役割を果たす筋肉「骨盤底筋群」。出産や肥満、運動不足、加齢などによってこの筋力が低下すると、膀胱が下がって尿道が緩み、頻尿・失禁しやすい傾向になります。このため、成人女性の3人に1人は尿モレ経験者と言われています。

女性のトラブル

④妊娠・女性ホルモンの影響

妊娠中は子宮が膀胱を圧迫するため、頻尿や失禁の原因になります。また、月経・更年期・閉経など、女性ホルモンの変化で尿道が固くなることも、尿がモレやすい原因です。

●排泄の基礎知識(排尿編①):数字で見る排尿の基本
●排泄の基礎知識(排尿編②):排尿のメカニズム~入口から出口まで~
●排泄の基礎知識(排尿編③):知っておきたい「男女の違い」
●排泄の基礎知識(排尿編④):排尿障害のタイプと対策
●排泄の基礎知識(排尿編⑤):トラブル予防の体操・訓練 [骨盤底筋群体操]
●排泄の基礎知識(排尿編⑥):トラブル予防の体操・訓練 [膀胱訓練]

まとめ

男女の泌尿器の違いが、排尿トラブルの違いにつながります。男性は主に尿道が長く、前立腺の中を通ることもあり、「尿が出にくい」傾向にあります。それにより、「排尿時間がかかる」「残尿感がある」などのトラブルが起こりやすくなります。一方女性は、尿道が短く、子宮などで圧迫されやすいので、「尿がモレやすい」傾向にあります。それぞれの違いを理解して、より良い介護ライフにつなげていきましょう。

関連記事
知っていると対処できる!おむつモレの4つの原因
おむつ選びナビ①身体機能に合わせた排泄アウター選び3つのポイント
「おむつフィッター」って何をする人?
dannjo2

この記事が気に入ったらいいね!しよう

介護にプラス ライブ プラス ドゥの
最新情報をお届けします