【敬老の日に贈りたい】心も体も温まるマゴコロギフトコバコ

20170914_eyecatch

9月になると「敬老の日」がやってきますね。何となく敬老の日を過ごしている人も多いかもしれません。近くに祖父母がいないと、なんとなく縁遠い日でもありますね。そもそも敬老の日ってどんな意味があるのでしょうか?

敬老の日はいつどこで始まった?

「敬老の日」は、昭和22年(1947年)に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で、
「長い間社会に貢献してきたお年寄りに敬意を表すとともに、その知識や人生経験を次の世代に伝授してもらう場を設ける」目的で、9月15日に55歳以上の方を集めて「敬老会」という会合を開いたのが始まりといわれています。
その後、昭和41年(1966年)に祝日法で国民の祝日「敬老の日」と定められ、国民的祝日になりました。当初の祝日は毎年9月15日でしたが、平成13年(2001年)に祝日法が改正され、いわゆるハッピーマンデー制度が導入されたため、平成16年(2004年)から現在の9月の第3月曜日となりました。

国民の祝日に関する法律(祝日法)によると、敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うもの」とされています。「敬老の日」はお祝いと言うよりも、「高齢者を敬う日」として考えた方がよさそうですね。

「敬老の日」おじいちゃん、おばあちゃん世代に喜ばれる贈り物とは?

贈られてうれしいギフトのランキングでは【家族での外食】と答える方が多いそうですが、遠く離れて暮らしていると、一緒に食事するのはなかなか難しいですよね。
成人になるとなおさら離れて暮らしている方が多く、会えない現状が多いのではないでしょうか。
私自身、贈り物を何にしようか考えすぎて、贈るタイミングを逃してしまうパターンが結構多くあります。しかし大事なのは、贈る物ではなく贈る気持ちが大事なんですよね。相手に伝わることが大前提ですので、まずは相手に贈るという行動を起こしてみるのがよいかと思います。

締めつけない5本指靴下「マゴコロギフトコバコ」

以前介助者と着用者に優しいパジャマでご紹介した株式会社Sydecasさんの敬老の日にちなんだギフト商品をご紹介したいと思います。

マゴコロギフトコバコ

 今回ご紹介するのは、敬老の日発祥の地である「兵庫県」生まれの製品を入れてお届けするキューブ型ギフトボックス「マゴコロギフトコバコ」。可愛い小箱のなかには、優しいカラーの5本指ソックスが入っています。5本指靴下を履いたことがある方はわかると思いますが、普通の靴下と違って5本の指部分がそれぞれ独立しており、フィット感があり履き心地が最高なんです!健康にも良いことから人気になっていますが、よく聞くのが「冷え性に効果的」という声。こちらの生地はセラミックを原料にねりこむことで、赤外線効果を発揮し、生地も厚めになっているので、寒い冬の夜もあたたかく過ごせるんです。

●5本指靴下の4つの魅力とは
20170914_img_02

1.足のムレを抑える
生地でおおわれる面積が多いため足の水分をしっかりと吸水してムレを抑える効果があるとされています。

2.冷え性を改善
一般的な靴下よりも保温性が高く、冷え性の改善にも効果が期待できると言われています。

3.外反母趾予防
足の指がしっかりと動かせる5本指靴下で、足の指が鍛えられ外反母趾や扁平足を予防する効果もあると言われています。

4.脳の老化防止
足の指がしっかり動かせるので血液の循環が良くなり、脳が活性化して老化防止にも効果があると考えられています。

贈りものは感謝の気持ちが一番大事

敬老の日は「おじいちゃん・おばあちゃんをお祝いする日」のようなイメージがありましたが、本当は「年長者を敬う日」であり、「これからもよろしくお願いします」という気持ちを表す日なんですね。家族だけでなく、職場やご近所で、普段お世話になっている年長者の方に、「これまでありがとう。これからもよろしくお願いします」という想いを込めて、ギフトを贈るのはいかがでしょう。大切なのは感謝の気持ちです。せっかくなら、心を込めた感謝の言葉を添えて贈ってはいかがでしょうか。

記事協力:
株式会社Sydecas (シデカス) 代表取締役 寄玉 昌宏
IMG_6830

株式会社Sydecas (シデカス)は、日常にワクワクを仕掛けるをコーポレートスローガンとして、日常生活に関わる社会的課題に対してそう来たか!と思わせる事業を展開。

商品のお求めはこちらから:Sydecas (シデカス) URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/giftkobako01
株式会社Sydecas (シデカス) TEL: 050-5278-6213