職場でも自宅でも温かく!冬をポカポカに過ごす秘訣

メイン

毎日寒い日が続きますが、カイロや湯たんぽといった、防寒グッズが手放せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
使い方によってはかえって体を冷やす元になっている可能性があります。
そこで今回は、正しい防寒グッズの使い方と冷え性改善法をご紹介します!

体を温めるために本当に大事なことって?

半身浴やストーブで体を温めている方もいらっしゃるかと思いますが、人の体は環境によって体温が急激に変わらず、ある程度体温を一定に保てる機能を備えています。
その結果、急激に体を温めるとかえって元の温度よりも下がってしまう可能性が起きてしまいます。
何事においてもやり過ぎてしまうと逆効果になるので適度に行うことが大切です。

 

使い方ひとつで温かさは変わる!?防寒グッズを使うコツ

1

・貼るカイロの適切な場所
① 腰の裏
体の中央にあることから、手足の先から特に下半身が冷える方はおススメです。
② 肩
上半身の特に手先が冷える方はおススメです。
③ 右胸の裏側
このポジションには肝臓があり、尚且つ肝臓は代謝をコントロールしていますので、代謝機能がアップし、保温効果があります。

注意点!
素肌に直接つけるのはご法度です。
わきの下など、発汗しやすい場所も適していません。

・貼らないカイロの使い方
① ズボンのポケットに入れる
下半身の冷え解消にオススメ!
一番オーソドックスではありますが、足の付け根に当たり、下半身に流れる血流を温めることが出来る為です。
② マフラーに挟む
首の後ろが温まり全身を温めることが出来るほか、肩や首のコリが和らぎます。

ワンポイント!
カイロを温める為に振っている方が多いと思いますが、これは間違いです。
カイロは空気と触れることで、化学反応が起き発熱する構造となっており、カイロ自体に通気口が設けられているので、振る必要がありません。
振ってしまうとかえって通気部を目詰まりさせてしまい、逆効果となります。
2

日常生活での冷え性改善法

① 食生活に気を付ける
血液がドロドロの状態だと、血流が悪くなり体が冷えやすくなります。
日々の食生活で血液をサラサラにして、血行を良くしましょう!

② 体の歪みを治す
体が歪んでいると、筋肉がそれを治そうとするので、筋肉が緊張した状態になり固まってしまいます。骨には神経がたくさん付いており、周りの筋肉が硬直すると・・・
骨に付いている神経や血管の圧迫→臓器の血流が悪くなる→内臓が冷える→【冷え】に繋がってしまうのです。
骨盤ベルトなどを使い、歪みを解消すると、冷えが収まるかもしれません!

3

③ 適度な運動をする
冷え性改善には有酸素運動をしましょう!
筋肉の収縮により、血液がポンプのように全身に流れ、手先などにも血液が行き届き、次第に体が温かくなります。
有酸素運動にはウォーキングやジョギング、ヨガなどが含まれます。
特にヨガは体の歪みを矯正することができ、尚且つ有酸素運動を同時に行えるので、冷え性改善にも繋がり一石二鳥です!
但し、ヨガは意外と難しい一面もありますので、誰でも簡単に始められるウォーキングもおススメです。

4

まとめ

普段の生活を見つめ直したり、普段使っている防寒グッズにちょっとした工夫を加えたりすることで、より効果的に体を温めることが出来ます。
この冬をポカポカに過ごすために、皆さんもぜひ一度試してみてください!

出典元URL:
●Zigen:http://zi-gen.com/cold-body-countermeasure-goods-2535
●寒い冬の過ごし方:http://samusa-taisaku.com/hokkairo-harubasho/
●Neverまとめ(カイロの間違った使い方、正しい使い方まとめ):https://matome.naver.jp/odai/2142116257195676801
●冷え性・冷え対策ナビ:http://hie-hie.com/hie-hiesho/%E4%BD%93%E3%81%AE%E6%AD%AA%E3%81%BF%E5%86%B7%E3%81%88%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0/
●冷え性改善ネット:http://www.hieshou-kaizen.net/undouhou/
関連記事
知れば知るほど飲みたくなる!寒い冬にはあったか紅茶のススメ
誰でもすぐできる!“ただ笑うだけ”の健康法とは?
メンタルと体に合わせた効果的な入浴方法とは?