お問い合わせはこちら 新商品のご案内

新商品のご案内

HOME > 医療機器 > 特長ある商品のご紹介 > キャスプロ®ドレープ

特長ある商品のご紹介

キャスプロ®ドレープ

ドレープから始める感染対策

ドレープから始める感染対策

特長

CDCガイドライン勧告でⅠAという高い推奨レベルの「中心静脈カテーテル挿入時におけるマキシマル・バリアプレコーション実施」をサポートする最適のドレープです。

キャスプロ®ドレープは中心静脈カテーテル(CVC、IVH含む)挿入の際に使用します。
ご使用いただく留置箇所は、「内頸静脈」「鎖骨下静脈」です。


3つの特徴

隔離、感染対策

隔離、感染対策

  • 貫通孔が存在せず、清潔領域と不潔領域を確実に隔離し、感染対策に貢献します。
  • 吸収性不織布を全面採用することで、血液・薬液を吸収し、床などへの汚染拡散を最小限に留めます。

簡単カット

簡単カット

  • 手術(カテーテル挿入)後のドレープ除去時は、手で簡単に切り裂くことができます。
  • 剪刀等の刃物を使用する必要が無く、誤ってカテーテルを損傷させる心配がありません。

手術中監視

手術中監視

  • フィルム部に透過性を付与することで、手術中の患者様の様態が確実に把握できます。
    (チアノーゼの監視)

マキシマルバリアプレコーション

CDC(米国疾病予防管理センター)の血管内留置カテーテルに関する感染予防のためのガイドラインにて成人および小児患者におけるカテーテル挿入時のバリアプレコーションとして「マキシマルバリアプレコーション」がカテゴリⅠAとして勧告されています。

中心静脈カテーテル挿入時におけるマキシマル・バリアプレコー ションの実施

中心静脈カテーテル挿入時におけるマキシマル・バリアプレコー ションの実施

キャスプロ®ドレープ(1500mm×1800mmサイズ)は「大型の滅菌ドレープ」としてマキシマル・バリアプレコーションの実施をサポート致します。

感染リスクの違い

感染リスクの違い

COPYRIGHT © Livedo CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.