RECRUITING 2018

『生きる力』を進める。

製造ラインを守ることで、誰かの今日を支えたい。

ライフケア生産本部 O さん

主なシゴト内容

紙おむつ加工機のメンテナンス 紙おむつ加工機の改良 部品購入先との折衝 加工機の部品選定&発注

ある日のスケジュール

  • 6:00
    6:30 起床、朝食
     
  • 7:00
    7:30 出社、スケジュール確認
     
  • 8:00
    環境整備・朝礼
    今日の予定を課内で共有します。
  • 9:00
    現場調査、作業
    回路作成
    案件がある加工機が停止していれば作業を行います。そうでなければ調査や準備を。
  • 10:00
    課内ミーティング
    問題点や案件の進捗情報を共有します。
  • 11:00
    現場調査、作業
    現場は昼食で加工機を停止するため、そのときにしかできない作業や調査を行います。
  • 12:00
    昼食
    休憩はしっかりととります。疲れをとるのも仕事!
  • 13:00
    現場調査、作業
    回路作成
    午前に引き続き作業を進めていきます。
  • 16:00
    片付け、作業内容まとめ
    作業内容をあとから共有しやすくするためにきちんとまとめます。
  • 17:00
    退社
    基本的に定時で帰ります。
  • 18:00
    食事、趣味
    先輩たちと食事にいったり、家で趣味に没頭したり。夏場はもっぱら野球観戦(実はヤクルトファン!)
仕事内容について教えてください!
大人用紙おむつを製造している工場で、製造ラインの電気保全を担当しています。加工機(紙おむつの生産機械)がトラブルを起こした際に、メンテナンスや修理をするのが主な業務です。製造効率を上げるために加工機を改造することもあります。新しくセンサーを追加して不良品を見分ける精度を向上させたり、トラブルを防ぐための器具を設置したり、方法はさまざまです。機械に直接かかわるハード面での作業以外にも、生産マシンのプログラムを構築するソフト面の仕事もあります。
どんなところが働きやすいですか?
機械の修理には専門的な工具がたくさん出てきますが、入社当時は名称や使い方をほとんど知りませんでした。端子を圧着する工具や、配線の先端部分だけを剥く工具。はじめて見た時は、「これは一体何だろう?」と思っていました。工具について初歩的な質問をするそんな私にも、先輩方はいつも優しく教えてくれました。「質問しやすい雰囲気」があるので本当に働きやすいですね。おかげでようやく工具も使いこなせるようになり、今ではMY工具セットを持つまでになりました!
保全の仕事において、今後の夢や目標はありますか?
尊敬している先輩を見ていると、「いつも忙しそうで、また、頼られているなぁ」と感心します。今はまだまだ先輩頼りの部分もありますが、いつかは私も「加工機のことは、あいつに任せておけば大丈夫だ」と思われるような存在になりたいです。そのためには、機械に関する幅広い知識が必要です。トラブル対応というのは、いつどんなことが原因で呼ばれるかわからないですからね。社外の講習にも参加しながら、専門知識も身につけていきたいです。
就職活動中の学生たちへ向けてメッセージをお願いします!
紙おむつは超高齢社会に必要不可欠なものなので、この仕事は社会貢献にもつながっていると思っています。仕事を選ぶ際、「好きかどうか」に加え、「どれだけ人の役に立てるか」という視点も加えてみてはいかがでしょうか。また、情報は多すぎて困るということはないので、説明会に参加したり働いている人の話を聞いたりして、自分が働いている姿を想像できるくらいまで情報を集めてみてください。そのうえで、最終的に同じ職場で働くことができればうれしい限りですね。
  • live MOVE
  • Live CREATE
  • live SUPPORT
  • live REFINE
  • live IMPROVE
  • live THINK
  • フォトギャラリー
  • 採用Q&A

ページアップ