『居宅介護と医療の複合型サービスの魅力についてスタッフさんに聞いてみた!』

食事介助するヘルパー

「看護小規模多機能型居宅介護」のこと シリーズ③

前回は、看護小規模多機能型居宅介護事業所リエンズさんを見学させていただき、施設の様子をお伝えしました。
今回は、その事業所で勤務されている介護福祉士・川口さん、理学療法士・狩野さんに「看護小規模多機能型居宅介護」についてインタビューをしました。

居宅介護と医療の複合型サービスをご存知ですか?シリーズ①
居宅介護と医療の複合型サービスの現場を見学してわかったことシリーズ②
居宅介護と医療の複合型サービスの魅力についてスタッフさんに聞いてみた!シリーズ③

1、以前はどのようなお仕事をされていましたか?

(介護福祉士・川口さん)
●11年間介護の現場に携わり、グループホームと通所介護事業所で勤務、通所介護事業所では生活相談員、施設長をしていました。

(理学療法士・狩野さん)
●石巻の病院と訪問リハビリ事業所に勤務していました。

2、以前の勤務先と違うところは何ですか?

(介護福祉士・川口さん)
●ここでは、通い、泊り、訪問、看護があり、他職種と密に連携をとります。サービス1つにしても、それぞれが共通認識を持って対応しています。また、24時間対応で、地域に根差したサービスを提供しているところも以前とは違いますね。

(理学療法士・狩野さん)
●生活に密着したところで間近に接し、具体的なご希望に対応できます。

3、看護小規模多機能型居宅介護の魅力は何でしょうか?

(介護福祉士・川口さん)
●看護師といつでも連携を図れるため、ご利用者様の心配や相談ごとに随時対応でき、継続した安心を提供することが可能なことは魅力ですね。
●以前の勤務先よりも介護福祉士と看護師が密に連絡を取る環境にあり、ご家族からご利用者様の体調急変連絡があった際、迅速に対応できます。

(理学療法士・狩野さん)
●他職種でご利用者様の生活を共有して対応できることが魅力ですね。

4、ご利用者様やご家族様に感謝された経験はありますか?

(介護福祉士・川口さん)
●ご利用者様から「孫の車でドライブがしたい」とのご依頼があったのですが、他職種と協議できたことで、短期間でケアプランが作成できました。福祉用具専門相談員とも協力して、在宅で離床できる環境を整えたほか、通所サービスでは会話と移動の訓練をプランニング。見事に思いを実現され、ご本人やご家族に喜んでいただきました。

(理学療法士・狩野さん)
●宿泊をされるご利用者様で、自宅の段差の上り下りが出来ない方がいらっしゃいました。この方は、病院や施設ではなく、ご自宅の環境に近いリエンズで、リハビリサービスを受けることで、生活に密着した具体的な訓練ができ「自宅の段差で上り下りができた」と報告いただきました。

242_2 (1)

5、この地域の医療と介護を支えている実感はありますか?

(介護福祉士・川口さん)
●すごくあります。身近に看護師がいるため、医療的対応も積極的に促すことができ、私自身も喀痰吸引資格を取得したりと自信がついています。周辺には、他では受け入れられない方が多くおられますが、リエンズは受け入れて対応が可能なのでうれしいです。

(理学療法士・狩野さん)
●自宅の下着交換が大変だと相談いただいたことがあったのですが、川口さんに相談できたことでご利用者様にアドバイスができました。訪問看護師からご利用者様の状況を随時聞けるので、通所サービス時に活かせることも多いです。また、今までケアマネージャと話すことができませんでしたが、ケアマネージャとも意見交換でき、他職種との連携でこの地域の医療と介護を支えていることを実感しています。

6、ご利用を検討されている方に、お伝えしたいことがありましたら教えてください。

(介護福祉士・川口さん)
●少し前、関係する病院様より「リエンズさんは困難事例を受け入れておられますね」と言われました。他の事業所や施設でお断りになられた方もご相談ください。看護小規模多機能型居宅介護では、柔軟に対応でき、緊急受入れも可能です。

(理学療法士・狩野さん)
●有料に入居された方のお部屋はご自身の空間です。食事や私物の持ち込みなど自由もあり、緊急対応も可能です。ストレスや不安を感じにくいと思いますよ。

7、実現したい夢は何ですか?

(介護福祉士・川口さん)
●地域密着施設として、身体の不自由な方とそのご家族との旅行を企画したい!

(理学療法士・狩野さん)
●自宅の下着交換が大変だと相談いただいたことがあったのですが、川口さんに相談できたことでご利用者様にアドバイスができました。訪問看護師からご利用者様の状況を随時聞けるので、通所サービス時に活かせることも多いです。また、今までケアマネージャと話すことができませんでしたが、ケアマネージャとも意見交換でき、他職種との連携でこの地域の医療と介護を支えていることを実感しています。

251_2 (1)

 

居宅介護と医療の複合型サービスをご存知ですか?シリーズ①
居宅介護と医療の複合型サービスの現場を見学してわかったことシリーズ②
居宅介護と医療の複合型サービスの魅力についてスタッフさんに聞いてみた!シリーズ③

まとめ

お二人にお話しをお伺いし、サービスの事例や他の施設と違う特徴や魅力について、具体的に知ることができました。今後さらに超高齢社会に向かう日本で、住み慣れた地域で安心して過ごすことが可能な便利なサービス事業所であることがよくわかりました。興味を持たれた方は、お近くの看護小規模多機能型居宅介護事業所に相談ください。

今回ご協力いただきました。リエンズさんでは定員に少し空きがあるそうです。近郊の方でご興味がありましたら、下記にお問い合わせください。

304_2 (1)

【お問い合わせ先】
看護小規模多機能型居宅介護・併設有料老人ホーム リエンズ
住所:〒981-1105宮城県仙台市太白区西中田6丁目14-17
連絡先:022-226-7445
担当:川口様

関連記事
お年寄りが安心して暮らせる、地域の困りごと解決
保育園の地域コミュニティーに見る、お年寄りを支える町づくり
【町づくり】超高齢社会にむけて始まった「大阪ええまちプロジェクト」
何がどう変わる?新たな施設サービス「介護医療院」