ぷりぷり厚揚げを、あんかけにして食べやすく。

019

10分

難易度

印刷する

材料(2人分)

鶏胸ひき肉 ----- 50g
厚揚げ ----- 1丁(200g)
お出汁 ----- 240ml(240g)
砂糖 ----- 小さじ1杯(3g)
醤油 ----- 大さじ2杯(36g)
みりん ----- 大さじ2杯(36g)
片栗粉 ----- 大さじ1杯(9g)

016_food

介護食メモ

ひき肉は、二度びきやとろみをつけて誤嚥予防を!

ひき肉はお店で二度びきしてもらうか、すり鉢やフードプロセッサーで二度びきすると細かくなるのでポロポロしなくなり、食べやすくなります。また、煮上がったときに、片栗粉でとろみをつけると具がまとまるので、より一層、誤嚥しにくくなります。

参考文献:山田晴子. “主菜”. 絵で見てわかる かみやすいのみこみやすい食事の工夫.女子栄養大学出版部, 2010, 64

作り方

下ごしらえ:

  • 厚揚げ一丁を食べやすい大きさにカット

(1)厚揚げに火を通す

お鍋に分量のお出汁と合わせ調味料(醤油・みりん・砂糖)を入れ強火にかけます。煮立ったら火を止めて厚揚げを入れて中火程度で火を通し、やわらかくなったら火を止めてお皿に取り出します。

(2)鶏胸ひき肉あんをつくる

取り出した出汁の中に鶏胸ひき肉を入れ、ひと煮立ちさせます。

(3)あんにとろみをつける

灰汁(あく)が出てきたら取り除き、水溶き片栗粉でとろみをつけます。とろみがついたら水分を飛ばすためにもう一度ひと煮立ちさせます。

(4)盛り付ける

取り出した厚揚げに鶏胸ひき肉あんをかけ、お好みでネギなどを散らしたら完成です。

ここがポイント

●厚揚げは煮過ぎると酸っぱくなるので注意しましょう。
●水溶き片栗粉は、水1:片栗粉1の分量(重さ)でつくりましょう。
●水溶き片栗粉でとろみをつける時は、だまにならないように必ず火を止めて行いましょう。

※調理時間は、下ごしらえや漬ける、冷やすなどの時間は含まれません。また目安の時間になります。

成分

エネルギー

277kcal

塩分相当量

2.7g

鉄分

3mg

カルシウム

250mg

タンパク質

17.5g

亜鉛

1.5mg

ビタミンB6

0.23mg

食物繊維

0.7g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」