栄養たっぷり、介護食の定番食材「高野豆腐」を卵とじで。

021

5分

難易度

印刷する

材料(2人分)

高野豆腐 ----- 2個(40g)
----- 2個(100g)
お出汁 ----- 240ml(240g)
薄口醤油 ----- 大さじ1杯と1/3(24g)
みりん ----- 大さじ1杯と1/3(24g)

028_food

介護食メモ

意外と誤嚥しやすい高野豆腐にご注意

高野豆腐は、噛んだ際に煮汁がでるので、煮汁だけが咽頭へ流れてしまい,誤嚥の危険性があります。お皿でくずしてから食べると、食べやすくなります。 逆に水分がなくパサパサしていると非常に食べづらくなるので、注意が必要です。
また、玉子は安全のためしっかりと火を通しましょう。

参考文献:山田晴子. "大豆・大豆製品の主菜". 絵で見てわかる かみやすいのみこみやすい食事の工夫.女子栄養大学出版部, 2010, 68

作り方

下ごしらえ:

  • 高野豆腐を水でもどし食べやすい大きさにカット

(1)お出汁を作る

お鍋に分量のお出汁と合わせ調味料(薄口醤油・みりん)を入れてひと煮立ちさせ、高野豆腐を入れます。

(2)仕上げる

沸騰後5分ほどで高野豆腐に火が入るので、そこに溶き卵を流し入れ卵とじにします。

(3)もりつける

お好みの器に盛り付けたら完成です。

※調理時間は、下ごしらえや漬ける、冷やすなどの時間は含まれません。また目安の時間になります。

成分

エネルギー

219kcal

塩分相当量

2.4g

鉄分

2.4mg

カルシウム

165mg

タンパク質

17.2g

亜鉛

1.8mg

ビタミンB6

0.07mg

食物繊維

0.4g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」