めんつゆの旨味が香る、爽やかなざるそば。

008_main

5分

難易度

印刷する

材料(2人分)

そば ----- 2玉(320g)
青ネギ ----- 1本(5g)
お出汁 ----- 150ml(150g)
砂糖 ----- 小さじ1杯(3g)
醤油 ----- 大さじ1杯と2/3(30g)
みりん ----- 大さじ1杯と2/3(30g)

008_food

介護食メモ

意外と食べづらいそば。長さや切り方に一工夫しましょう!

そばは食べやすいと思いがちですが、すすり上げないと食べられない食品は、むせやすく食べづらいので注意が必要です。すすり上げなくても食べられるように3~5cmくらいの長さにカットして、提供するのが好ましいです。ある介護の現場では、袋のゆで麺なら、包丁の刃の反対側で押し切るようにカットして提供しているとのこと。このように切ることで麺がばらけないので調理しやすいのだそうです。
注意すべき食品でも、調理方法を工夫することで、噛みやすく飲み込みやすくなり、とても食べやすくなりますよ。

作り方

下ごしらえ:

  • ネギは小口切りにしておく

(1)麵つゆをつくる

お出汁150mlと合わせ調味料(醤油25ml・みりん25ml・砂糖小さじ1杯)を鍋に入れ火にかけます。ひと煮立ちさせたら、別の容器に入れて冷まします。

(2)麵をゆでる

沸騰したお湯に麺を入れて茹でます。

(3)麺を氷水でしめる

麺がゆであがったら、すぐに氷水でしめます。

(4)盛り付ける

お好みの器に盛り付け、冷えた麺つゆとネギ、あればわさびを添えます。

ここがポイント

●甘めのつゆの方が好きな場合は砂糖の量で調整してください。
●そうめんのおつゆも同じ分量でつくれます。
●そばの乾麺は結構塩分がきついものが多いので塩分の少ない麺を選ぶようにしましょう。

成分

エネルギー

267kcal

塩分相当量

2.3g

鉄分

1.6mg

カルシウム

23mg

タンパク質

9.2g

亜鉛

0.7mg

ビタミンB6

0.1mg

食物繊維

3.3g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」