介護食として一般的なお粥を栄養も摂りつつ美味しく食べる方法!!

064_main-2

30分

難易度

印刷する

材料(2人分)

お米 ----- 1人(80g)
鮭(焼いたもの) ----- 1/5切れ(20g)
かに身(ゆでているもの) ----- 2本(20g)
むき海老 ----- 20g
----- 小さじ1/3(2g)
----- 600ml (※下ごしらえ参照)

材料

介護食メモ

生米で作るお粥は美味!具材で味をプラスするとさらに食欲アップ!

炊いたお米でもお粥が作れますが、生米から作るお粥の方が美味しいので好まれます。また、お粥自体はシンプルな味わいですので、具材をトッピングすることで、風味が強くなって食欲が湧きます。具材を準備することが大変な場合は、梅干しやのり佃煮、金山寺みそなどご家庭にあるものを少量添えるだけでもかまいません。

作り方

下ごしらえ:

  • お米を30分、水に浸す
  • 具材は、食べやすい様にほぐしておく
  • お米1に対して、6倍~10倍の水。水6倍全粥、10倍五分粥、15倍三分粥、と覚えると便利

(1)水を沸騰させ、米を入れます

600ml の水を沸騰させます。お米をざるにあげて、沸騰したお湯の中に入れ、かき混ぜながら再沸騰させます。

※お米が鍋の底にくっつきますのでよくかき混ぜてください。

064_01

(2)煮こみます

再沸騰したら弱火にして、20分程煮ます。約5分ごとにかき混ぜます。

064_02

(3)固さを確認します

水気が少なくなり、とろっとしてきたら固さを確認します。好みの固さであれば、小さじ1/3の塩を入れます。

※固さと水気は水を足したりして加減してください。

064_03

(4)具材を盛りつけます

用意した具材を盛り付けて、完成です。

064_04-(1)

成分

エネルギー

149kcal

塩分相当量

1.3g

鉄分

0.2mg

カルシウム

85mg

タンパク質

7.5g

亜鉛

1mg

ビタミンB6

0.07mg

食物繊維

0.2g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」