味の染み込んだ豆腐と甘みのあるネギは相性抜群。

005_main

10分

難易度

印刷する

材料(2人分)

玉ねぎ ----- 1/2個(100g)
青ネギ ----- 2本(10g)
焼豆腐 ----- 1丁(300g)
糸こんにゃく ----- 60g
お出汁 ----- 200ml(200g)
砂糖 ----- 大さじ1杯(9g)
薄口醤油 ----- 大さじ3杯(54g)
みりん ----- 大さじ3杯(54g)

005_food

介護食メモ

食べづらい食材も調理の工夫と家族の見守りで食べられるように。

豆腐は、柔らかいし、介護食向きと思いがちですが、実は、形がくずれやすく、口の中でまとめて飲み込む能力が必要なので食べにくい食材の一つです。しかし、3cm幅1cm角くらいの食べやすいサイズに切り、煮込んであんでとじるといった工夫で食べやすくなります。
また、糸こんにゃくは弾力があって噛み切りにくく、すすり上げて食べる食材なので、むせやすく食べづらいため、注意が必要です。すすり上げなくても食べられるように3~5cmくらいの長さにカットして、提供するのが好ましいです。
家族が安全に食べているかどうか見守ることで、より安心して食事が楽しめますね。

作り方

下ごしらえ:

  • 豆腐を3cm幅1cm角の食べやすいサイズにカット
  • 玉ねぎは1cmくらいの幅でカット
  • 青ネギは5cmくらいの長さで斜めにカット
  • 糸こんにゃくは袋から取り出しお湯で良く洗い3cm~5cmの長さにカット

(1)具材を入れる

お出汁200mlと合わせ調味料(薄口醤油 50mlとみりん 50mlと砂糖大さじ1杯)を分量通りお鍋に入れます。ひと煮立ちさせて、玉ねぎ、豆腐、糸こんにゃくの順番で入れます。

(2)火を通す

中火で5~10分ほど煮込みます。

(3)ネギを加える

豆腐に火が入ったら最後にネギを入れ、火を止めます。

(4)盛り付ける

お好みの器に盛り付けて完成です。

ここがポイント

●煮過ぎると玉ねぎがクタクタになってしまうので注意しましょう。
●青ネギは余熱で火を通すくらいがいちばん美味しくなります。

※調理時間は、下ごしらえや漬ける、冷やすなどの時間は含まれません。また目安の時間になります。

成分

エネルギー

257kcal

塩分相当量

4g

鉄分

3.3mg

カルシウム

276mg

タンパク質

14.9g

亜鉛

1.5mg

ビタミンB6

0.23mg

食物繊維

2.6g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」