豚肉と厚揚げのハーモニー。生姜でカラダをポカポカに。

029_main

5分

難易度

印刷する

材料(2人分)

豚バラ肉 ----- 60g
厚揚げ ----- 1丁(200g)
生姜 ----- 1片(12g)
お出汁 ----- 300ml(300g)
薄口醤油 ----- 大さじ1杯と2/3(30g)
みりん ----- 大さじ1杯と2/3(30g)

029_food

介護食メモ

しょうがには、新陳代謝を促す効果があります!

しょうがには、新陳代謝を促し、身体を温める効果があります。お好みの量で摂取してください。鉄分豊富な厚揚げを一緒に合わせることで、栄養バランスの良い料理になりますよ。

作り方

下ごしらえ:

  • 厚揚げは食べやすい大きさにカット
  • 豚バラ肉は一枚を3等分にカット
  • 生姜をスライスする

(1)お出汁を作る

お鍋に300mlのお出汁と合わせ調味料(薄口醤油 大さじ1杯と2/3・みりん 大さじ1杯と2/3)を入れてひと煮立ちさせ、厚揚げを入れます。

工程1 豚肉と厚揚げの生姜煮

(2)厚揚げに火を通す

厚揚げに火が通れば、豚肉を入れ、灰汁(あく)が出たら取り除きます。

工程2 豚肉と厚揚げの生姜煮

(3)生姜を入れて仕上げる

豚肉の色が変われば、最後に生姜を入れて火を止めます。

工程3 豚肉と厚揚げの生姜煮

(4)盛り付ける

お好みの器に盛り付け、ネギなどを散らせば完成です。

工程4 豚肉と厚揚げの生姜煮

ここがポイント

●厚揚げは煮過ぎると酸っぱくなるので注意してください。
●豚肉も火が入り過ぎると固くなるので煮過ぎないようにしましょう。
●生姜は最後に入れた方が風味が残りやすいのでおすすめです。
●薄口醤油は減塩のものを使用した方が被介護者様の体には良いでしょう。

※調理時間は、下ごしらえや漬ける、冷やすなどの時間は含まれません。また目安の時間になります。

成分

エネルギー

329kcal

塩分相当量

2.6g

鉄分

3mg

カルシウム

251mg

タンパク質

16.2g

亜鉛

1.7mg

ビタミンB6

0.2mg

食物繊維

0.8g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」