鉄分とタンパク質を効果的に摂取。車麩(くるまふ)でタンパク質の摂取量をアップ。

誰でも介護食レシピ 簡単レシピ

15分

難易度

印刷する

材料(2人分)

豚肉の細切れ ----- 100g
ゴーヤ ----- 1/4本(50g)
車麩 ----- 2枚(50g)
----- 1個(50g)
醤油 ----- 大さじ2/3杯(12g)
----- 小さじ2杯(10g)
みりん ----- 大さじ2/3杯(12g)
ごま油 ----- 小さじ3杯(12g)
サラダ油 ----- 小さじ1杯(4g)
塩こしょう ----- 少々
かつお節 ----- 1g

誰でも介護食レシピ 簡単レシピ

介護食メモ

固い食事は薄くカットすれば食べやすい料理レシピ

車麩(くるまふ)など、もともとやわらかい食材を使用するのも大事ですが、ゴーヤーなど固い食材も、薄くカットするなど、切り方を工夫すれば柔らかく食べられます。 
ゴーヤーの苦みを取るために、先にさっと湯がいておきましょう。長い時間茹でるとゴーヤーの風味が飛んでしまうので、食べやすさなどを考慮して調整してくださいね。料理レシピです。

作り方

下ごしらえ:

  • ゴーヤーは縦半分に切り、種をとりのぞき、薄い千切りにする
  • 車麩は水でもどして、2センチくらいの大きさにカットする
  • 豚肉は細かくカットする

(1)車麩(くるまふ)を焼く

フライパンにサラダ油をひき、車麩を軽く焼き、焼き目が付いたらいったん取りだします。

※車麩(くるまふ)は焼き過ぎるとカリカリになるので要注意。
061_01

(2)豚肉とゴーヤを炒める

フライパンはよくふき、ごま油を入れ、豚肉、ゴーヤーの順で炒め、塩こしょうをし、車麩を戻します。

※ゴーヤーはしっかりと茹でて苦みをとって柔らかくしてください。
061_02

(3)味付け

醤油、酒、みりんを合わせたものを、フライパンに流し入れ、よく混ぜます。

061_03

(4)たまごを流し入れる

溶き卵を流し入れ、完全に卵に火が通ったら完成です。

061_04

成分

エネルギー

369kcal

塩分相当量

1.3g

鉄分

2mg

カルシウム

27mg

タンパク質

21.6g

亜鉛

2mg

ビタミンB6

0.23mg

食物繊維

1.4g

※グラフは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」を元に計算し、5段階評価で表示しています。
(計算方法)70歳以上の女性の1日推奨摂取量(※食物繊維は目標量)÷3(1日3食)×100=1食あたりの推奨摂取量における割合(%)

※5段階評価の表示方法
0% →「0」0.1%〜20.0% →「1」20.1%〜40.0% →「2」40.1%〜60.0% →「3」60.1%〜80.0% →「4」80.1%〜 →「5」