商品紹介
LINEUP
医療関係者向け情報
この先は、医療関係者向けの情報です。
一般の方や日本国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。
あなたは医療関係者ですか?

キャスプロ®ドレープ

ドレープから始める感染対策

特長

CDCガイドライン勧告でⅠAという高い推奨レベルの「中心静脈カテーテル挿入時におけるマキシマル・バリアプレコーション実施」をサポートする当社推奨のドレープです。 キャスプロ®ドレープは中心静脈カテーテル(CVC、IVH含む)挿入の際に使用します。
届出番号:38B1X00001000001
3つの特徴
隔離、感染対策
  • 貫通孔がなく、清潔領域と不潔領域を隔離し、感染対策に貢献します。
  • 吸水かつ防水仕様の不織布を採用し、術中の血液や薬液などの液体による床への汚染リスクを低減します。
簡単カット
  • 手術(カテーテル挿入)後のドレープ除去時は、手で簡単に切り裂くことができます。
  • 剪刀等の刃物を使用する必要が無く、誤ってカテーテルを損傷させる心配がありません。
手術中監視
  • 透明フィルムにより、術中に患者の容態に変化(チアノーゼなど)がないか経過観察することができます。 (チアノーゼの監視)
マキシマルバリアプレコーション

CDC(米国疾病予防管理センター)の血管内留置カテーテルに関する感染予防のためのガイドラインにて成人および小児患者におけるカテーテル挿入時のバリアプレコーションとして「マキシマルバリアプレコーション」がカテゴリⅠAとして勧告されています。

中心静脈カテーテル挿入時におけるマキシマル・バリアプレコー ションの実施

キャスプロ®ドレープ(1500mm×1800mmサイズ)は「大型の滅菌ドレープ」としてマキシマル・バリアプレコーションの実施をサポート致します。

TOP